忍者ブログ
| Admin | Res |
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワタシはずっと、赤い色がキライだった。
慶おにぃちゃんを思い出そうとすればするほど
目の前が赤く染まってしまうから…。




『お前には紅が良く似合う、チヤコ』

そんなワタシの唇に、おじさんは、

血という名の口紅を、震える其の指で、ひいた――。


拍手[0回]

PR
にゃんこなのに、わんわんの日生まれの異空ちゃこでス。

お誕生日、ほんとにたくさんのお祝い、あいがとーござました!
こんなにたくさんプレゼント貰ったの、初めてだったから
ちょう感激しまんた、ごっつぁんでス!

さゆたん
たっちゃん
柚たん
雪ちゃん
汐儀さん
堀河テンチョ
フレイヤさん
燵也さん
ジウだんちょ&蓮華さん
末塚さん

素敵な贈り物、あいがとーござました!
大事に大事にしますね、えへへー。

ちなみに、一番最初に手元に届いたのは、たっちゃんのでした。
オメデトウ、たっちゃんにはまた、ちゃこからのウザイ愛を
送っておこうと思います。


おうちでは、鷹栖さんとたこ焼きパーチィしました。
タコはもちろん、ソーセージ&チーズとか、もち&チーズとか
変り種も作りました、うましうまし。

本当に素敵な1日、みんなにたくさんの感謝を★




拍手[0回]

あ  だめ

どうしても 頭にこびり付いて 離れない


まるで 乾いた 血の如く…

拍手[0回]

暫く死んでいたら色々と把握するのに時間がかかるわね、
………ちっ、メンドクサイ(ぼそっ)

とりあえず、いくつか箇条書きにして纏めておいたわ。

■もしバトンまわしてくれててワタシが答えてないのがあれば
 コメントにその旨、書いておいてくださると嬉しい。
 別に確認しに行くのが面倒なわけじゃないわよ。

■精神的に物凄くダレてるので、活動は今後も不安定。

■基本的に全部のことについて受身姿勢。
 話しかけられたらやっとこ口を開く、そんな感じ。

■御用の際はお手紙が一番確実。

■メッセのステ欄(?)は見てないことが多いので
 断りなしで、行き成り窓開いて用件投げ込みを歓迎。

拍手[0回]

例の如くというか、大方の予想通り運動会は欠席しました。
せっかく鷹栖さんもお仕事お休みでおうちにいるって言うので
コタツでぬくぬくまったりしてました。

お昼近くになったころ、なぜか師匠もやってきました。
師匠はワタシと違って、こういうイベント事は参加して楽しむ方なんですが
ガチで寝坊したので欠席したっぽいです。

「お前よー10月からコタツとか出してんじゃねーっつの、外で運動しろ!」
「うるさいなー、じゃあ入らないでくださいヨーおこた。」
「そうだぞ虎、おめーが悪い。」
「オヤジさんもなに容認してんだよ、こいつをちったぁ団体競技とか
 学生の集まりに参加させろよ!協調性大事です!!」
「千夜に興味が無いんだから仕方ねーべや。」
「ねーべやー★」
「あっっま!っつかマジ甘やかしすぎ!!」
「別に甘やかしてなど無い、ごく一般的だ。」
「鷹栖さーん、おみかん食べうー? あーん♪」
「あーーー。」
「うぜええええバカップルうぜぇええええええええええ!!」
「五月蠅ぇバカ虎、近所迷惑でしょや!」
「みかんみかーん★」

こりすちゃん先輩が最近忙しくてあんまり構ってもらえない淋しさから発狂した
師匠を
鷹栖さんのコークスクリューパンチが退治しました。
今日も平和です、おうちだいすき。

拍手[0回]

どれくらいぶりかに風邪をひいた。
熱があるから、頭がぽわぽわする。

夢を見た。
また、ひとりぽっちになる夢を見た。
ワタシは走って、走って、追いかけて、追いかけて――。

目が覚めたとき、ワタシは鷹栖さんのベッドの上に居た。
部屋はあったか、おデコには冷えピタ。

「起きたか、粥つくってるけど食えるかい?」


居間から部屋に入ってきた鷹栖さんが、アタマを撫でてくれた。
心配そうにする優しいその顔を見たとたん、涙がたくさん出てきた。
せっかくの日曜日なのに、用事があったはずなのに、側にいてくれた。
ワタシは、ひとりぽっちじゃ、ない。
身体が弱ると、気持ちも弱ってしまってヨクナイ。



鷹栖さんの作ってくれたおかゆは、どんな高級料理よりおいしかった。
元気になったら鷹栖さんの好きなご飯、たくさん作りたい。

拍手[0回]

鷹栖さんとカラオケに行ってきました。

ただ歌うだけじゃ詰まらないからって、採点モード使って
勝負する事にしました!

基本的に勝負と名のつくものには負けたくないワタシですけど
相手が鷹栖さんですし、負けても全然構わなかったんです。


あの一言を聞くまでは……。


「点数で勝った方の希望する場所に、休日行くからな。」
「……武士に……二言は……。」
「武士でなくて自衛官だが、二言は無い。信じなや。」

拍手[0回]

「ふぇっっっくちょん!!」

突然、夜の冷え込みがきました。
こんなとき、慶おにぃちゃんが、ぬくぬくケルベロスでない事に
ショックを隠しきれない異空千夜呼、17歳の秋。

拍手[0回]

御紹介
名前:
異空 千夜呼
生誕:
1991/11/11
御言葉
[09/19 BlackMan]
[09/02 香住]
[08/27 健斗]
[08/03 あー]
[08/01 香住]

Powered by Ninja Blog    Photo by Vacant lot?    Template by Temp* factory
Copyright (c)獄楽恋慕 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]