忍者ブログ
| Admin | Res |
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[245]  [244]  [243]  [241]  [240]  [239]  [237]  [236]  [235]  [233]  [231
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鷹栖さんはお仕事お疲れで、早く寝てしまって
師匠は今夜はバンドの練習で、仲間と一緒で
こりすちゃん先輩は、寮の消灯時間過ぎてて
黒ちゃんは、彼女と一緒で。

こんな風に色んな偶然や必然が重なると
まるで自分が、世界でひとりぽっちに思えてくる。

名前を呼んで欲しかった。
でないと自分が、ココニイルのか分からなくなるから。

別に死ぬ事が怖くなったんじゃない。
怖いのは、自分が必要とされないこと。
この世でも、あの世でも、其れは同じこと。



携帯のアドレス帖を開く、映し出されたのは僅か数人分の名前。
ほとんど無意識に、通話ボタンを押していた。


 プルルル


冷たい電子音が耳に入ってきてやっと其れに気付いた。
あわてて携帯を閉じた。


都合のいい時に、都合のいいお願いをするために
相手の都合お構いなしで呼び出す。

だから携帯なんてキライ。
だから自分なんてキライ。


「…サイテー、でス。」



空を見上げる。
そこには星ひとつない、漆黒の闇。

今宵は星すらも、返事をしてはくれない。


ベランダから身を乗り出して手を伸ばしても、届かない事くらい知っている。
どんなに願っても手に入らないものがあるんだって事くらい、知ってる。

それなのに、手を伸ばさずにいられないのは、どうしてなんだろう――。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
朱い世界     HOME     ジグソー
御紹介
名前:
異空 千夜呼
生誕:
1991/11/11
御言葉
[09/19 BlackMan]
[09/02 香住]
[08/27 健斗]
[08/03 あー]
[08/01 香住]

Powered by Ninja Blog    Photo by Vacant lot?    Template by Temp* factory
Copyright (c)獄楽恋慕 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]