忍者ブログ
| Admin | Res |
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[348]  [347]  [345]  [343]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [335]  [332
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「もう、いいだろ?」
「…なに、が?」
「気がすんだんじゃねーの、もう。」
「…なに、に?」
「帰って来いよ。」
「…どこ、へ?」
「Rescue Wings、お前のシェルターにだよ。」


あの場所は、そう、こりすちゃん先輩が作ったシェルター。
『迷ってる子の、ホームになればいいなって作ったんだわ。』
そう言って、笑っていた、小さな先輩。

途方もなく彷徨っていたちゃこを、なかば強引にだったけど
師匠とこりすちゃん先輩が、迎え入れてくれた。


「ちゃこね、ずっとほんとに、こりすちゃん先輩が羨ましかった。
 こりすちゃん先輩に…なりたかった。」

「里栖は、お前みてーになりたいっつってたぞ。」

「それはそれは……隣の芝生はアオイですね。」

「そんなもんだろ、俺様は里栖のオヤジさんみてーになりたいしなー。」

「そうすると、こりすちゃん先輩は彼女じゃなくて娘になっちゃいますよ?」

「お前だって、里栖になったら俺様が彼氏だぞ。」

「…ふふ。」

やっと笑ったなって、師匠は何度も頭を撫でてくれた。
なんだか懐かしい感じがして、涙が出た。


幸せなフリをしていれば、いつかまた本当に幸せになれる。
そんなことを、まだ、信じている。

「なー帰ってこいってー、エロいリーマンとか幼女ハンターがいるぜ?」

「…うん…。」

「今ならオヤジさんの自衛隊軍服DE任務遂行中写真もついてくる!」

「!!!!!!!!!!!!!!!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
御紹介
名前:
異空 千夜呼
生誕:
1991/11/11
御言葉
[09/19 BlackMan]
[09/02 香住]
[08/27 健斗]
[08/03 あー]
[08/01 香住]

Powered by Ninja Blog    Photo by Vacant lot?    Template by Temp* factory
Copyright (c)獄楽恋慕 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]