忍者ブログ
| Admin | Res |
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[305]  [304]  [302]  [301]  [300]  [299]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「珍しいな千夜、読書かい?」
「わー!見ちゃらめーーっ!」
「なしてそんな慌てるんだべさ、ってまさかエロ本……。」
「師匠とイッショにしないでくらさいっ。」

結局みられちゃいました、バレンタイン特集の雑誌。
うーうー、鷹栖さんにもあげるからヒミツだったのに。

師匠は普通にチョコで喜んでくれるけど
鷹栖さんは甘いものあんまりだから、悩みます。

ちゃこが食べたいって言ってた生キャラメル。
鷹栖さんが故郷の北海道のオトモダチに頼んで送ってもらって
こないだイッショに食べた時、男前がくずれてました。
それ以来、キャラメル見せたら眉間にシワよせまス…。
38歳自衛官の欲しいものってなんでしょか、ちゃこ分かりません。

「鷹栖さんは何いいれすか?」
「なんもだ。おめーが家に居てくれれば。」
「そんなサラッと口説かれると、ちゃこどうしていいか…。」
「おめー、ここ出て行く気だったしょや。」

いつもみたいにツッコミで返されるはずのボケ。
鷹栖さんは新聞に目を落としたまま、核心を突いてきました。

「婚約者も戻ってきたし、前のアパートに戻る、か。」

そう、あの頃と同じ。
あの頃ちゃこは、ベルメゾン鎌倉で慶おにぃちゃんと暮らしてた。
ひとりぽっち、ふたりぽっちで。
そんな生活に、不満なんてなかった、寂しくなんてなかった。
だって傍に、たとえスケルトンでも、慶おにぃちゃんがいたから…。

「前と状況はイッショに戻ったし、いつまでも鷹栖さんの
 お世話になるわけにはいけまセンし。」
「なして。」
「…だって、ちゃこは鷹栖さんの…娘でもない、し。」

言ってて哀しくなってきました。
そう、鷹栖さんは、こりすちゃん先輩のパパで、ちゃこのパパじゃない。
ちゃこはただの居候です。

「薄情モン。」
「…え?」
「そうかそうか、おめーは俺を見捨てて一人暮らしして
 あまつさえ、また虎と半同棲状態みたいな事するんだな。」
「え、えぇ?」
「酷い女だにゃーもう俺は明日から寂しさのあまり家に閉じこもって
 毎日泣いて暮らすしかないな。」
「ちょっ、な、何でそんなことになるでスかっ?!」
「それが嫌ならここに居なや、さぁどうする千夜ー?」
「むぎゅぐぐぐぐ!」

鷹栖さんの大きな手で両ほっぺをぎゅーぎゅーされました。
こ、これは脅しです、キョーハクれすっ!

「ぅー、わかりました。」
「よーしえらいぞ、千夜はいい子だよーしよしよし。」


また、鷹栖さんの罠にまんまとはめられた気しまス。
でも…あったかい手につつまれて、ちゃこはシアワセ。
とってもとっても…。




あ、鷹栖さんと師匠以外にバレンタインあげるヒトはナイショ!
ホントはあげたいヒトいーっぱいらけど…お財布の中が残念なのでス。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
御紹介
名前:
異空 千夜呼
生誕:
1991/11/11
御言葉
[09/19 BlackMan]
[09/02 香住]
[08/27 健斗]
[08/03 あー]
[08/01 香住]

Powered by Ninja Blog    Photo by Vacant lot?    Template by Temp* factory
Copyright (c)獄楽恋慕 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]